読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハロルズホテル マクタン空港 ゴードフレードPラモス空港 ボラカイ

朝 5時30分 起床
チェックアウト
ビーチサンダル×2 90php
ビール×2 240php
夕食 600php
を支払う。

そして、ビュッフェが食べれない分 頼んでおいた弁当をもらう。

6時10分
タクシーに乗り込み、空港へ向かう。

6時30分
万が一の渋滞を考え早めの出発にしたが、大きな渋滞なく空港についた。早すぎた。タクシー180php。

ボーディングを済ませ、リアルコーヒーでアイスコーヒーを買って朝食を頂く。
うわさ通りのお弁当
味は写真通り
ホテルのビュッフェ食べたかったー。
まあ写真にはないが小さいバナナもついていたし弁当を持たせてくれることに感謝する。f:id:hanakanda:20170313150831j:plain

国内線の待合室には、外人ばっかり フィリピン人はあまりいない。
ミスタードーナツがある以外なにもない。

他に行くところもなく、ネットでボラカイで食べる昼御飯の場所を探して時間を過ごした。

電光掲示板で乗車案内をしてくれず、放送で動かなければならい。一生懸命聞かないと理解出来ない自分の英語力、聞き逃さないよう緊張した。やがて放送が流れバスに乗って移動、搭乗する飛行機はプロペラ機だった。f:id:hanakanda:20170313150854j:plain

機内はすいていた。途中、サービスのパンと水を飲み1時間で、ゴードフレードPラモス国際空港についた。

到着したのは、新しい滑走路だったようで、一般道をバスに10分くらい揺られた後、荷物を受け取り空港を出る。f:id:hanakanda:20170313151129j:plain

初めて歩くバナイ島。空港を出るとフェリー乗り場へ向かうためのトライシクルやタクシーが、沢山待っていた。セブ島とは違う雰囲気、昔映画で見たアメリカ西部の町みたいな感じがした。

ここで試してみたいことがあった。ツアーでは、ここの移動にトライシクルやタクシーを使う。しかし、空港とフェリー乗り場、Googlemapで見ると、すごく近い。歩いて移動できそうな感じ。
そこであえて、歩いてフェリー乗り場を目指した。スーツケースを引きずり10分でフェリー乗り場へ行けた。道路脇には数件のお店もあり昼間であれば問題なく歩ける。右に1回左に1回曲がるだけ。
心配ならmapのGPSを入れておけばいい。それに反対方向に歩いた場合は、滑走路になるので間違えに気づけると思う。
f:id:hanakanda:20170313150944j:plain
フェリー乗場の回りは小さい町のようにいくつかの店があった。
カルボ行きのバンも並んでいた。今度来るときは格安にカルボ回りにしたい。

海を見る。目と鼻の先にボラカイ島が見える。興奮してきた。

チケットを購入、バンカーボートに乗る。いくつものボートが停泊していたので、呼ばれるがままボートに乗った。約5分でボラカイ島に到着した。

ホテルまではトライシクルで移動したい。それも、安いフェリー乗場の外のトライシクルに乗ろうと計画していた。
乗船券や入湯税にうっかり細かい金をつかってしまい、500phpと1000php札しかない。物を買って小銭を用意しないとおつりがもらえないかもしれない。参考で聞いたフェリー乗場内のトライシクルは180phpと言っていた。
f:id:hanakanda:20170313151231j:plain
セブンイレブンでビールを買って小銭にした。トライシクルを拾い料金を聞くと150php。ネットで調べた相場より高かったが、2台聞いたが同じ値段だったし、時間がもったいないのでお願いした。

道幅5メートルくらいの道路を沢山のトライシクル、バイク、電気自動車が走り、たまにトラックが通る。ハイウェイという名前がついているが、ちょっと違う。路地に近い。そして、小さい山を越えるとステーション3へ入る。両脇にホテルや商店が沢山並んでいる。
約10分くらいで、ボラカイ ヘブン スイーツへ到着
チェックイン

セブ 街角タバコショップ

セブの町を歩いていると、街角でタバコを販売している老人がいる。
ワンパックではなく、人々は1本あるいは数本のタバコを買っていた。1本いくらなのか気になり買ってみた。
マルボロ 10phpだった。
1年ぶりに吸ったタバコ
ふらふらっとした。

さて、1本10php
日本なら24円 20本で480円とすると、老人の利益はほとんどない。

その事を確かめるために、ボラカイ島の町から外れた店でライターとマルボロ1箱を買った。合わせて90phpだった。

ぼられていた。

旅行中、このマルボロを数回吸って禁煙を破ったが、余ったタバコは成田空港に捨ててきた。

美味しかったレストラン ビールのこと

今宵の夕食はどうしよう。

モールまでいってみるか それとも ガイドブックに書いてある店に行くか、ホテルの窓から下を見下ろして考える。
モールに向かう道の両側には、数件のレストランが並んで見えた。

見に行って決めることにした。

夜の町を歩く。ジプニーが音を立てて通りすぎ、タクシーがホーンを鳴らす。夜なのに道端上の設備を溶接していて、頭上注意と書かれている。さっと車道に出て急いで戻った。
怖かったー。
中華、フィリピン料理、BBQ、アイスクリーム屋さんもあった。
ちょっと高級でも美味しそうなのを食べたかった。

KUYA Jf:id:hanakanda:20170321143417j:plain
落ち着いた雰囲気 メニューが外で確認できて安心だったから決めた。 屋外の席を希望し サンミゲルを頼む。
メニューを見ながら注文を考える。
ブタ肉 ホタテ 野菜包みを注文しながら、サンミゲルをおかわりした。

ブタ肉、何が出てくるかわからないまま、一番高いやつを頼んだ。
f:id:hanakanda:20170321143538j:plain
ホタテ貝美味しく焼けていそう。
f:id:hanakanda:20170321143612j:plain
野菜包みは旅行中どうしても野菜不足になりそうだったから。
f:id:hanakanda:20170321143645j:plain
ブタ肉、柔らかくとても美味しかったー、ホタテ貝も一口サイズの小さい貝だったけど、柔らかく、包みもとても満足だったー。
ボラカイ島でも看板を見たので KUYA J はチェーン店かも。
おいしいお店。値段も高くないし。雰囲気もいい。


ビールのこと
恐らく、セブには、美味しくビールを飲む。という習慣がないかもしれない。コップに注いでくれると泡だらけだけにするし、コップに氷が入っていることもあった。
ほとんどのお店に サンミゲルがおいてあり、だいたい70か80phpだった。
f:id:hanakanda:20170321143714j:plain
万が一を考えると氷は危ないし、瓶を直接口にすることが多かった。

みんな、そう考えるのかもしれない。多くの店が瓶の蓋を空け、飲み口に紙を詰めて出してくれた。この紙で口が当たる部分を拭い飲んだ。

しかし、カンではそれが出来ず、そのままの状態で提供された。飲み口をプシューと空けて飲んでいたが、腹を壊す可能性があったかもしれない。

サンミゲルが多くの店に用意されている。必ずLiteかnormalか決めておくこと。どちらも自分的には変わらなかったので自分はLiteを頼んでいた。しかし、日本的にビールを求めるとするならば、サンミゲル社のredがおかれている店も多く値段も変わらないのにアルコール濃いめなのでこちらを進める。美味しい。
f:id:hanakanda:20170321143813j:plain
旅行中、生ビールを味わうことなく終わった。ただ、サンミゲルは普通にいつも飲んでいる味と変わらず、僕にはまったく問題なかった。

チョコレートヒルズ ターシャ ロボック川

チョコレートヒルズ
f:id:hanakanda:20170321142547j:plain
不思議な光景だった。
1000を超える地球のイボイボ
チョコレートと言われるきっかけとなった茶色くなる時期にもう一度見てみたい。3月から6月と言っていた。
f:id:hanakanda:20170321142526j:plain
ターシャを見に車を走らせる。
f:id:hanakanda:20170321142613j:plain
小さい猿とそれを見る沢山の観光客がいた。
4個100phpのキーホルダーを、お土産に買った。

お腹も空いてきた
山の中から海近くに車は進んだ。

ロボック川のランチクルーズは、何ヵ所かでやっているらしい。対岸の乗船乗り場を過ぎかなり下流のクルーズに案内された。
またもや、通行料20php、運転手が文句言いそうになった。そりゃそうだよ、チケット売り場へいく手前で通行料取っているんだもん。
日本も、昔、観光地に入る前の道路を有料道路にしてお金取ってたなあと思った。
クルーズと昼食代390phpを支払い船に乗った。
f:id:hanakanda:20170321142726j:plain
運転手は、船の中まで案内してくれて席まで取ってくれた。
フィリピン料理を皿に取り、ビールを飲みながら出発を待つ。
相席となった男女のペアー。フィリピン国内から旅行にきたらしい。親子だと思うけど、ものすごく中がいい。親子の域を越えている気がする。もしカップルだと失礼になるから最後まで聞けなかった。
昨夜の予定では、クルーズ船に、乗るつもりはなかった。でも、乗ってみると生歌聞きながらゆったりと風にあたって船に乗るのは気持ちよく、乗れてよかったと思う。
f:id:hanakanda:20170321142818j:plain
ロボック チャーチの写真を取り、
お土産屋さんにもよってくれた。
f:id:hanakanda:20170321143001j:plain
時間があり
バクラヨン・チャーチも外から見学。

14時30分
グビラランの港についた。

支払いを済ませ、海を見ながら船を待った。

着船が遅れ、出航したのは16時を過ぎていた。
帰りの方が満席に近く乗っていた。
夕陽が見たくて、外に出たいと伝えたが
ダメと言われた。

18時過ぎ
セブの港に到着。あたりは暗くなっていて、
観光客を迎える車、客待ちをしているタクシーをどかす警備員で
ごった返していた。

暗い時間に港周辺にいたくなかったから、どかされたタクシーに飛び乗る。
タクシーの運転手は、何かを食べながら、或いは噛み煙草を噛みながら車を走らせた。
「噛み煙草の運転手は危険」そんなことが頭をよぎったが、タクシーを乗り換える余裕はなかった。

ところが、フェリーのりば近くは、明るいバーが数件。
自分の判断が、どうだったかはわからない。

18時30分 ホテル着
帰りに請求されたタクシー代は98phpだった。
今日は、沢山のいいフィリピン人に恵まれた。

楽しいボホール観光だった。

ホテル朝食 → フェリー → ボホール島(チョコレート・ヒルズ)

6:00

起床

ホテル1階で朝食を。

f:id:hanakanda:20170226152340j:plain

フルーツ フルーツジュース 美味しかった。

そして、フィリピン料理をたっぷり食べた。

ホテルの朝食のバイキング どうしてもいっぱい食べてしまう。

でも、ここのホテルの朝食はいいよ。\(^o^)/

 

6:20

ホテル前でタクシーに乗り

Ceb Pier 1 を目指す。

タクシーの助手席に座り、朝の町の様子を見る。

移動中に

「どこに行くの?」

とドライバー

ボホール島」

と答えると、

「普通、5000PHPは取る オスロブへ 3000PHPで行くけど どう?」

みたいなことを言ってくる。

「明日は、ボラカイへ行くから、又、フィリピン来たときね」

と伝えたけど、3000phpで行ってくれるなら バスよりいいし。

 

6:40

Ceb Pier 1 着

チケットセンターで CEB ー タグビララン の時間を検討

ゆっくりしてきたいけど、Ceb Pier 1 の夕方の雰囲気を調べていない。

タイミングよく 7:00に乗れそう

だから、暗くなる前に Cebuへ戻れる 15:30初をチョイスした。

1050PHPで往復のチケットを購入

 

どの船に乗るのかわからず、警察官ぽい人に聞いたが、

「STRIGHT」

仕方なく まっすぐ建物に入る。

カバンをチェックされ、チケットを見せる。

港使用料をいくらか払い、進むと荷物のチェック。

そして、やっとBoding  gateに到着し、座席を決めると

7番から乗ってと指示された。

どこのチェックも 必要なの?という感じなんだけど、手順が多かった。

f:id:hanakanda:20170226154438j:plain

船内は普通の船。前を向いて、決められた席に座る。

映画を放送しているテレビを見ながら2時間(高速艇には1時間半のもあるみたいだけど、どれかわからなかった。又、高速艇と言っていたけど高速な感じはしなかった。2階の風があたる席に座りたかったけど、航行中は外に出してもらえなかった。英語力不足かも)

無事 タグビラランの港へ付いた。

 

9:00

船を降りる。

島に入る桟橋には、たくさんの人が看板(観光案内)を持って立っていた。

どれにするかじっくり考えるつもりだったけど、最初に話してきた女の子が2500HPと言ってきたので 「高い 港を出てから考える」というと2,200PHPに下げてきた。

「乗り合い?」と聞くと「一人」一人で貸し切りなら時間も有効につかえそう。頼むことにした。

案内された先には40代くらいの男性。そうだよね。女の子が運転するわけないし。まあ、2200と値段も伝えていたしこの人にたのもうと、再確認しながら、ついていく。

ボホール島の観光地 ターシャ、ロボック川、チョコレート・ヒルズ、さらに希望があれば教会も行ってくれる。15時30分の船に間に合うよう14時30分までに戻って来てくれる。それぞれの入場料は、2,200には含まれていない。

日産のワンボックスカーの助手席に一人座る。後方には8人分の空席。

もったいないなーと思いながらツアーがスタートした。


最初にチョコレート・ヒルズに向かう。その途中で、ATVを進めてくるので、承諾した。

丁寧な運転ながら、遅い車をどんどんパスしていく。特にトライシクルやバイクを「ピ、ピ」と軽くクラクションで警告しガンガン抜いていく。

トライシクルは、港近く等のエリアを決められているらしい。

 

グビラランから チョコレート・ヒルズまでは80キロある。そんだけ走って2,200PHPはやすいだろって言っていたけど、安いよなと思った。俺なら後何人か乗せなきゃやってられないよ。


町を抜け、田舎道に入った道路では、農民が米を干している。ボホールでは3毛作を行うらしい。ただ、車や人が使う埃っぽいとのころに干した米、食べるのはちょっと嫌だなと思った。


車も道も快適に、順調にヒルズを目指す。

セブから日本人が女の子を連れて、観光にくると言っていた。先日も2人の日本人が3人の女の子をつれてきたらしい。

ボホールには、そのような女の子のお店がないから治安が悪くないと言っていた。あるのは綺麗な海、確かにそうだなと思った。

 

チョコレート・ヒルズ ATV

30分コースを進められたが、15分コースを頼んだ。450PHP。これに道路使用料の50PHPを後から支払う。

ATVはかなり酷使されているやつだった。耳が痛くなるくらいの排気音、取られやすいハンドル。

案内役の中学生くらいの子供の後ろを走る。

f:id:hanakanda:20170226160619j:plain

3個つながっているもの。小さいもの。たくさんのヒルズを見た。

そして、案内役の中学生はその都度写真を取ってくれた。又、動画も取ってくれると言っていた。

30分だともっと見れるらしい。走って巻き上がるホコリと乗り心地を考えると15分で充分。

 

車に戻り、チョコレート・ヒルズの展望台へ向かった。

 

入り口で 50PHPを支払った。通行料らしい。


展望台へ上る道は人で溢れていた。

そして、上からみるヒルズはどこまでも続くように、幻想的な風景を見ることができた。f:id:hanakanda:20170226161008j:plain


僕はここで、地球の歩き方の表紙になっている空中自転車に乗りたいと思っていた。運転手に別の展望台でと説明したがうまく伝えることが出来ず、乗れなかった。


 

ハロルズ ホテル 夕食

ハロルズホテルを予約するきっかけにもなった屋上のレストランへ行く。

f:id:hanakanda:20170226144641j:plain

先客が1組

施設はきれいだし、夜景も見れて気持ち良い。

ホテル横の道路の音もあまり聞こえない。

まずは ビールを頼んだ。

f:id:hanakanda:20170226144647j:plain

ジョッキに注いでくれるんだけど、ほとんど泡にーー。

 

 

一度は食べたかった レチョン そしてピザをオーダー

夜景を飲みながら チビチビ

 

初めて食べた レチョン  まわりがカリカリっで中はジューシーというより全部カリカリ?

ピザ 300PHPくらいだったと思うけど、2人前以上の大きさ。味もよかったー。

結局 ビールを3本 飲んで 全部で600PHPくらいだった。(安い)

 

お腹が満足した後は、たっぷりマッサージしてもらってベッドに入った。

フォート サン ペドロ 両替所 ヤップハウス

15時00分
ホテル出発し、レートがよい両替所 Fuente osmena circleを目指す。通りに出て歩く。
歩道はあまりよい状態とは言えない。狭く所々壊れ穴が空いている。
カンパシャー川を超える。歩道より10メートル位下、川が流れ家が立っている。ダウンタウンのように見えた。

途中 小腹がすき、ジョリービーによった。フィリピンの有名なファーストフード
店内は若者と子供づればかりで、自分は恥ずかしかった。
フライドチキン、コーラ、ライス、ポテトのセット 108php

食事を終え、再び歩く。ジプニーに乗るか考えたが、道路は凄い渋滞。そのまま歩いた。

両替所 1件目はレートが空港より悪く10000円が3800円
仕方なく でデパート内に行くと4380円だったので、ここで両替した。

デパートの出口で客待ちしていたタクシーででフォート サンペドロへ向かう。途中、コロン通りを通過した。帰宅途中なのか凄い人で溢れていた。
タクシーを止めてもらったが、Cebu Metropolitan Cathedral,も沢山の信者で溢れていたのでフォートサンペドロへ向かった。 96php

16時00分
Fort san Pedroは、公園のようになっていた。入り口で入場料30phpを払って気温28度と気持ちいい中ゆっくりと散策した。f:id:hanakanda:20170226143105j:plain
小さい施設であり、語らう人もいなかったので、20分位で散策を終え外に出た。

16時20分
まだ日は落ちない。もうひとつの観光名所 ヤップハウスに寄ってホテルへ戻ることにした。タクシーを捕まえヤップハウス 15分待機 ホテルを伝えると 300php と言われた。ちょっと高いけど、行きに見たコロン通りから近いこともあり心配だったのでお願いすることにした。

16時30分f:id:hanakanda:20170226143404j:plain
ヤップハウス着。50phpで中に入る。
古い家 古い家具、ベッドが、とても小さい。フィリピン人が小柄であることを伺わせた。
入り口においてあるお土産のTシャツ 150phpがとても気になったがタクシーにハウスを出てホテルに向かう。
タクシーが動きだし少しすると、棒切れを持ち上半身裸の男性が喧嘩みたいになっていた。タクシー待たせてよかったかも。

17時00分
ホテル手前でタクシーを降りる。
これから部屋に戻りシャワーして、屋上でビール飲みマッサージを受けるつもり。マッサージの予約に来た。NUAT THAI 260-1179 (Holods hotelのすぐ前)
2時間コースにおまけが30分ついて500phpを予約してホテルに戻った。