読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

持って行くもの 洋服 充電器 防水袋

持ち物は必用最低限、足りなかったら現地購入を考えた。
ただ、バスやフェリー等の乗り物はエアコンがよく効いているらしい。冬の2月、成田まで着ていくユニクロのダウンを現地でも使うことを考えた。
シャツとパンツ 靴下 薬 パスポート 準備は直ぐに終わった。

ただ、1つだけ問題が残った。
僕は5年くらい前に買った小さなスーツケースと20年くらい前の大きなスーツケースを持っている。今回は大きなのを使ったが、ケースだけでも7キロくらいと古いスーツケースは重い。実際、下着入れたら9キロになった。
フィリピン国内のチケットは格安な方を購入したから荷物は10キロまで。荷物の超過はかなりの増額となるので、心配になった。

スマホの充電
ビックカメラに行くと様々な変圧器やプラグが売っていた。フィリピンは210ボルト、変圧器はどれも4000円くらい。以外と高い。
僕のスマホは、台湾SONY も違う形のプラグしか対応していなかった。でも、2.1Aと1.0Aの2種類の5VをUSBで取り出せる充電器をよく見ると、入力の使用可能範囲が90~220vと書いてある。フィリピンと日本のプラグの形は一緒だから使える。USBで充電できるカメラとスマホに変圧器はいらない。

防水袋
今回は一人旅 海でも、金品の管理を自分でしなければならない。ダイビングで使っている小さい防水袋、海ではスマホや財布をこの中にいれて泳いでいるときは浮き袋の代わりにして持ち歩いた。便利だよ。