読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チョコレートヒルズ ターシャ ロボック川

チョコレートヒルズ
f:id:hanakanda:20170321142547j:plain
不思議な光景だった。
1000を超える地球のイボイボ
チョコレートと言われるきっかけとなった茶色くなる時期にもう一度見てみたい。3月から6月と言っていた。
f:id:hanakanda:20170321142526j:plain
ターシャを見に車を走らせる。
f:id:hanakanda:20170321142613j:plain
小さい猿とそれを見る沢山の観光客がいた。
4個100phpのキーホルダーを、お土産に買った。

お腹も空いてきた
山の中から海近くに車は進んだ。

ロボック川のランチクルーズは、何ヵ所かでやっているらしい。対岸の乗船乗り場を過ぎかなり下流のクルーズに案内された。
またもや、通行料20php、運転手が文句言いそうになった。そりゃそうだよ、チケット売り場へいく手前で通行料取っているんだもん。
日本も、昔、観光地に入る前の道路を有料道路にしてお金取ってたなあと思った。
クルーズと昼食代390phpを支払い船に乗った。
f:id:hanakanda:20170321142726j:plain
運転手は、船の中まで案内してくれて席まで取ってくれた。
フィリピン料理を皿に取り、ビールを飲みながら出発を待つ。
相席となった男女のペアー。フィリピン国内から旅行にきたらしい。親子だと思うけど、ものすごく中がいい。親子の域を越えている気がする。もしカップルだと失礼になるから最後まで聞けなかった。
昨夜の予定では、クルーズ船に、乗るつもりはなかった。でも、乗ってみると生歌聞きながらゆったりと風にあたって船に乗るのは気持ちよく、乗れてよかったと思う。
f:id:hanakanda:20170321142818j:plain
ロボック チャーチの写真を取り、
お土産屋さんにもよってくれた。
f:id:hanakanda:20170321143001j:plain
時間があり
バクラヨン・チャーチも外から見学。

14時30分
グビラランの港についた。

支払いを済ませ、海を見ながら船を待った。

着船が遅れ、出航したのは16時を過ぎていた。
帰りの方が満席に近く乗っていた。
夕陽が見たくて、外に出たいと伝えたが
ダメと言われた。

18時過ぎ
セブの港に到着。あたりは暗くなっていて、
観光客を迎える車、客待ちをしているタクシーをどかす警備員で
ごった返していた。

暗い時間に港周辺にいたくなかったから、どかされたタクシーに飛び乗る。
タクシーの運転手は、何かを食べながら、或いは噛み煙草を噛みながら車を走らせた。
「噛み煙草の運転手は危険」そんなことが頭をよぎったが、タクシーを乗り換える余裕はなかった。

ところが、フェリーのりば近くは、明るいバーが数件。
自分の判断が、どうだったかはわからない。

18時30分 ホテル着
帰りに請求されたタクシー代は98phpだった。
今日は、沢山のいいフィリピン人に恵まれた。

楽しいボホール観光だった。