読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボラカイ マウント ロホ

ホワイトビーチからの夕日に感動したから、山の上から見る夕日はもっと感動するだろうと、バイクタクシーで山頂へ向かった。150php

明確な山頂というのはないようで、幾つかの展望台が山頂付近に立っている。僕が入った展望台は、階段を上がる途中で二つに別れ、右は有料展望台(入り口で料金支払い)左はワンドリンクが必用な展望台兼レストラン。僕はビールが飲みたかったから、左側のワンドリンクレストランの展望台に入った。

メニューがない。席に座りメニューを待つと、アイスティーが運ばれてきた。頼んでないと思ったけれど、飲んでみることにした。
普段飲まない甘い紅茶ではあるけれど、若干雑味はあるが深い紅茶の味わい、きっと自慢の紅茶だったのだろう、と思いながら夕日を待った。食事ができるとガイドブックには書いてあったが、どうなのかなあという感じ。

夕日は、残念ながら、陽がくれる途中で、雲が空を覆い堪能できなかった。
f:id:hanakanda:20170321141644j:plain
そうなると暗くなる前に町にでたい。暗闇の中、徒歩で村人宅を通過するのはちょっと恐い。

展望台を降りる。左に行けばプカビーチ方面経由、右はカイト、距離的にどちらが近いかわからないが歩き始めた。バイクタクシーもトライシクルもいない。はるか彼方に見える白いビーチ そこを飛ぶカイトだけ。
30分か40分 真っ暗になる前にホテルに帰れればと思っていた。
そんなことを考えて歩いていると、ドコド バイクタクシーが山をあがって来た。

Can you take me to station2?

自ら声をかけてしまったが、150phpで乗せていってくれた。